MAMA STYLE様々なママの様々なスタイルを
ご紹介します

2018.10.26

思い切って手放すことって大事!
変化した今の生活を自分のペースで楽しみたい

福田朱美さん

今回のママ:
福田朱美さん・44歳・福岡県出身・大分市在住
(中学3年生・中学2年生・小学校4年生の3兄弟の母)

タイルを手工芸用に取り入れ、インテリア雑貨や作品として楽しむ、今人気の「タイルクラフト」。そのタイルクラフトの日本ヴォーグ社認定講師を昨年春に取得し、以降、タイルアート教室「チェリーブロッサム」の講師として活動。大分市や別府市を中心にワークショップや教室を開き、イベントなどにも出品しながら、タイルクラフトの楽しさを伝えている。花や動物をモチーフにした作品は、ほんわかと優しい雰囲気。三人の男の子のママでもあり、家庭と仕事のバランスを考えながら、無理のない働き方を模索しつつ新しい道に向かって邁進中。

大分で自分らしく生きるママたちのこれまでを綴るインタビューシリーズ。
今回は、育ち盛りの男の子3人を育てながら、タイルクラフト講師として活躍する福田朱美さんのストーリー。

自信がないからできることを…
子育てが楽しいと思ったことがなかった2年間

「ママが働く」って、なんなんだろう。結婚前に培ったキャリアを再び活かしたいと思う人、家計を支えるために働きたいと思う人、自分のために仕事がしたいと思う人、手に職をつけたいと思う人、専業主婦として家庭を立派に守りたいと思う人…そこにはいろんな価値観があり、ママの働き方は千差万別。結婚して、子どもを産んで、子育てに奮闘して…結婚によって女性の生活は一変する。子育てが落ち着き、自分の時間ができた時「働く」ということを考える時があると思う。これからの自分の居場所はどこ?と悩むことになっても、ふとしたきっかけで見つかることだってあるのかも…。今回取材させてもらった福田さんは、40歳で出会ったタイルクラフトをきっかけに、新しい道を切り開いた一人だ。
 
福岡の看護学校に通っていた福田さん。お年寄りと話したり、人と関わることが好きだったこともあり、自分に合った仕事だと、看護師の勉強と仕事に日々奮闘していた。しかし、20歳の時に病気を患い、やむを得ず学校を辞めることに。看護師の資格を取得することは諦めつつ、引き続き病院で勤務していた時、同じ病院で働く理学療法士のご主人に出会い、28歳の時に結婚。ご主人の実家がある別府市に嫁ぎ、30歳で第一子、翌年に第二子を出産。それからは子育てに追われる日々を送る。



「上の2人が年子だったので、2歳になるくらいまでは毎日が必死で、育児が楽しいと思ったことは一度もありませんでした。自分で言うのもなんなんですけど、きっちりと決まった毎日を過ごしていました。朝起きたら『今日はどこに遊びに行く?』から始まり、日替わりでいろんな公園に遊びに連れて行き、お昼になったら家に帰ってご飯を食べさせ、昼寝して、2人が起きたら、絵の具持って近くの公園に連れて行ったり砂場で遊ばせたり。夜ご飯を食べ、毎日読み聞かせして寝かしつけて…。そういう真面目な生活を繰り返していました。お義母さんがきちんとした人だったので、自信のない自分にとってプレッシャーもあったのかもしれません。疲れそうでしょ、私(笑)」。

食事面でも、外食はせず、ほぼ毎日手作りしていた福田さん。もし、その時の完璧主義な福田さんを知っていたら「そんなに頑張らなくていいよ…」と思わず声をかけたかもしれない。何もできない自分だから、今できることを…。一生懸命に健気に頑張る福田さんの姿を想像すると、思わず涙が出そうになる。

福田朱美さん

無理ない活動ペースを守りたい
楽しくないと続かないと思うから

子育ても落ち着いた頃、コンビニでパートとして働き始めた。運命の出会いが訪れたのは、今から3年前。立ち寄ったカフェで、偶然にもタイルクラフトの先生と出会った。話を聞くうち、これを仕事にしたいという思いが生まれてきた。

「だけどその反面、自分には絵の才能とかセンスがないと思っていたので、仕事としてやっていけるのか不安もありました。先生が活躍しているのは、先生だからできてるんだ…と。だけど、活動しながらそれを見つけていけばいいかと思って、この世界に思い切って飛び込みました」。

当時働いていたコンビニのパートを続けながら、タイルクラフトを猛勉強。資格を取るため9作品を制作し、合格を目指した。しかし、全カリキュラムの工程が総合評価される最終課題審査で、残念ながら不合格に。それからは心新たに作品作りに没頭し、昨年5月に合格。晴れてタイルクラフト認定講師の資格を取得した。

「資格を取るのに1年かかりました。不合格だった時はショックだったけど、これから活動するために必要な試練だと前向きに捉えて、頑張りました!」。資格取得以降、イベント参加への誘いや、商品の委託販売の話などが次々と舞い込んできた。多い時には、1日2、3件の問い合わせがあるほどだった。「今年の夏は遠方まで足を運んで、県内外で活躍する作家さんやお店の方と出会い、いろんなものを見ることができて本当に勉強になりました。でも、急に活動を広げることで家庭がおろそかになるのは嫌だったので、自然と今のペースに落ち着きました。楽しく活動できないと続けられないと思うので、無理せず、今の自分にあった活動を続けていけたらと思います」。

福田朱美さん

子育ての壁にぶつかるたび
子どもたちから大切なことを教えてもらう

40代にして、自分のやりたいことが見つかった福田さん。パート時代から激変した生活に、家族の戸惑いはなかったのだろうか。

「活動することは、家族には事後報告だったんですけど(笑)、主人はやりたいことに反対する人じゃなく、理解があってむしろ応援してくれる人なんです。子どもたちは、男子だからタイルクラフトの活動がピンときてないみたいで「なんか作りよんのー?』って感じ。小学校や公民館で教室を開いて教える姿を見て、じわじわと把握してくれたみたいですけどね。家族も自然と、この変化を受け入れてくれてるみたいです」。

そんな家族の存在は活動の支えになっていることは間違いないのだが、3人兄弟のママでもある福田さん。子どもたちの反抗期やトラブルと、子育ての悩みも尽きることがない。兄弟三人三様、性格も違えば、それぞれとの関係性も異なる。



ある日、三男の担任の先生から電話がかかってきた。授業中に立ち歩いているという内容だった。幼稚園では応援団長をやり遂げる活発な姿を見ていただけに、まさかうちの子が?と信じがたい現実だった。「勉強をしていても、違う場所で誰かが喋ったりすると注意がそちらに向いてしまってそこに歩いて行ったりと、集中力がなくなるんですね。先生から、一度療育を受けてみてくださいとアドバイスされました。私も主人も医療関係の仕事を経験していたのでなんとなく発達障がいについての知識はあったんですけど、半信半疑で療育に連れて行ったんです。検査をしたらIQが高いことが分かり、そういう子は発達障がいと間違いやすいと言われました。検査の中で『りんごとバナナが共通することは?』という質問があって、普通は『果物』って答えますよね? でも息子は『中身が白い』と答えたんです。主人と『彼にとって、果物ということは当たり前のことなんだろうね』と話しました。結果、検査で問題はなかったんですけど、多分、そういう要素は持っているグレーゾーンだったと思うんですけどね…。彼の行動をずっと病気のせいにしていて、正直その方が楽だったんです。でもある人に『その子がそう思えばそうなっちゃうよ。環境で変わるらしいから』と言われたことが目から鱗で、それからは普通に接するようになりました。私も心が楽になりましたね」。

その後、小学校4年生になって野球部に入り、手助けが必要なことも多いそうだが、きちんと子どもと向き合う時間を過ごすようになったと福田さん。同時に、三男を気にかけ、常に声かけしてくれる長男と次男の成長にも気付かされたとか。「今は、家族や子どもと向き合う時間が必要な時なんだなって感じます。それは、私が無理のない活動を心がけている理由でもあります。大きな壁にぶつかるたび、子どもたちから気付かされ、大切な多くのものを学ばせてもらっている気がします。もちろん怒ったり怒鳴ったりすることもまだまだあるけど、思い返してみれば、怒っている時期って子どもの成長期と重なっていると思うんですよね。だから、成長しているだと思えば、ね(笑)」。まさにそうだ。私自身も、怒ってばかりで自己嫌悪に陥ることが多い。でも、それは成長期と比例していると思えば怒ることも悪くないなと、勝手ながら腑に落ちた。

福田朱美さん

タイルクラフトを通じて
私の経験がいつか誰かの役に立ったら

これからの展望について聞いてみた。

「それが私の中の悩みで…。タイルクラフトの講師の資格を持っているので、この魅力を多くの人たちに広げたいという思いはもちろんあるんです。でも、今まで感覚を信じて生きてきた私なので、物事を順序よく分かりやすく並べて、人に教えると言うことがどうやら苦手みたいなんです。だから、今はどちらかというとワークショップで皆さんと一緒に作ったりして、活動を楽しみたいという思いが強いですね。お手本を見ながらタイルを並べていくという製作方法もあるんですが、発達障がいの人はそういう作業が苦手とも言われています。いつかその分野で役立つことに関われたらいいなと思うんですが、まだどうやって繋いだらいいのか明確なビジョンはできていません。いつか、私が経験したことが誰かの役に立つ時がきたらいいなと思っています」。

40代になると、人生の折り返し地点に立っていることを自覚する。子どもが成長し巣立った後、どんな自分でいたいのか? 理想の自分に近づくためには、これからをどう生きればいいのか? 色んなことを模索する年齢なのかもしれない。

「コンビニの仕事を辞めたのが今年の3月。そこから一気に生活が変わりました。勇気を振り絞って、思い切って今の生活を手放すことも大事なのかなって思います。この先私の道がどう進むのか分からないけど、タイルクラフトを無心で製作することは、私をリセットしてくれる大切な時間。だからこれからも無理せず、流れに身を任せて活動を続けて、いつか同じ悩みを抱えるお母さんたちの救いの存在になれたら嬉しいですね」。

福田朱美さん

※毎月1回、別府市東荘園の『雑貨喫茶 OLOVO」にて体験教室を開催。詳細は以下SNSでチェック。

Facebook  タイルクラフト教室チェリーブロッサム
https://goo.gl/llQRGD

blog
https://ameblo.jp/olivedekirei11/

この記事のライター:安達博子

「柔らかく優しい作風と同じく、取材中は終始、ほんわり綿毛に包まれたような和やかな時間を作ってくれた福田さん。育ち盛り、ワンパク盛りの男の子3人のお世話をしながらも(もちろんご主人のお世話も)、40歳過ぎで新しい世界を見つけ、自分のペースを保ちながら活動する姿は、悩み多き40代女子(もう女子じゃないというツッコミはナシで)に勇気と希望を与えてくれる存在になると思います。『思い切って今の生活を手放すことも必要』という言葉は、福田さん自身が実感しているからこそ説得力がありました。仕事で休日に出かける際は、必ず息子さんたちに手作り弁当を作って出かけるそうで、そんなこだわりにも愛情の深さを感じます。ネガティブとポジティブが同居する、自称『不思議ちゃん』の福田さん。包み隠さず、正直な今をさらけ出し話してくれたことに感謝します。これからの活躍、楽しみにしてます」。

page top