COLUMNママが「ホッ」とするような、
優しい話題をお届けします

「女性活躍」に不可欠な存在。イクボス。

2018.10.04

「女性活躍」に不可欠な存在。イクボス。

「イクボス」という言葉を聞いたことはありますか?イクボスとは、職場で共に働く部下・スタッフの仕事と生活の両立(ワークライフバランス)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)のことを指します(対象は男性管理職に限らず、女性管理職も)。

子育てや介護などで、働く時間に制約がある社員は多くいます。昭和の時代は当たり前だった専業主婦世帯も、今では共働き世帯がほとんどです。男性は仕事にフルコミットし、女性が家事育児、地域活動を行う時代から、男女ともに、仕事、家事育児、地域活動を行う時代に変わりました。

イクボスの定義にある「仕事と家庭の両立を考える」とは、具体的に言うと、部下が「保育園に18時までに迎えに行かないとダメ」な状況を把握し帰りやすい職場環境を作っているかということ。家庭より仕事が大事な昭和の時代に活躍し、子育てをしていないボスたちには、そういった理解ができません。これは決して責めるのではなく、単に自分がしていないから、わからないという場合もあります。

特に、労働人口が減る中、女性の活躍を推進するのはいいけれども、子育てに理解の無い企業だとなかなか両立できません。これは女性だけに言えるのではなく、男性も子育てに関わりたいと思っていても、さらにハードルはあがります。となると、妻の方にしわ寄せがいってしまい、結局は女性の負担が増えるばかり。

こういった事情を理解した上で組織を管理するボス、「イクボス」が求められています。

子育て中だから重要な業務は任せない、短時間勤務だと評価が下がる、昇進・昇格等が不利になるといった、いわゆるマミートラックを走らせるなど、不当な扱いをしないことはもちろんですが、過剰な配慮をして、上記のような対応をしてしまうこともあります。

子育て中の社員には、これまでの実績をもとに貴重な人材だと期待をかけた上で、質は下げずに量を減らし、両立を支援する方法を考える必要があります。その場合も、一般的な物差しで考えるのではなく、対象となる社員と1対1の人間関係を作り、一緒に考えることが重要です。家族構成はどうか、パートナーの働き方はどうか、近くに家族以外に頼れる人はいるのかなど、状況は人それぞれです。それに加えて、本人の希望するキャリアプランも尊重する必要があります。
また、子育ては状況もめまぐるしく変わります。一度話を聞いて終わるのではなく、定期的にコミュニケーションを図る必要もあります。ある企業では、毎月1回、子育て中の部下と上司のランチ会を開催しています。

そうすることにより、「この人のもとで頑張りたい!」と思うようになり、両立を諦めて退職をすることもなく、子育ての大変な時期を抜けた後、以前よりもさらに能力を発揮するのではないでしょうか。

じゃあ、子育てをしている社員のみが優遇されるのか、といった不満もでてくるかもしれません。そうではなく、「全員を平等に、全員をワークライフバランス志向にする」こともイクボスの役目です。子育てが理由でなくても、残業を減らしプライベートな時間を確保することで様々な効果が生まれるということを部下に伝えていかなければいけません。
一番は体調面や精神面。また、地域活動や別のコミュニティ(NPO、趣味サークルなど)に所属することができ、視野や人脈が広がりコミュニケーション能力が高まる、資格取得、自己研鑽の時間も持てることになり、自身の成長や本業に活かせる部分もでてきます。終業後に予定があることで、定時内で主体的に仕事を終わらせることにもつながります。
その際、上司だけが各自の情報を把握するのではなく、互いの価値観も共有しておくと、メンバー同士が協力し合う風土が一層高まります。このようにワークライフバランスの大切さをチームで共有し「私生活の中身」で差別せず、全員が「私生活を大切に」するという考えを浸透させることで、チームワークが高まることによる業績向上のイメージを考えていただきたいと思います。

最後に、ボス自身もワークライフバランスを意識してください。先に書いたワークライフバランスのメリットはもちろんですが、なにより、部下に対してイクボス組織を目指すという本気度を見せることができます。自らプライベートの話をする、趣味のために定時帰りをするなど、仕事以外で大切にしたいことを持ってください。部下はワークライフバランスができない上司を目指しません。部下たちのロールモデルとして見られている意識を持ち、かっこいいボスを目指してください。

NPO法人ファザーリング・ジャパン九州 理事 森島孝

【お知らせ】
経営者、管理職、管理職を目指す方へイクボスセミナーを大分で連続開催します。
日程は下記の通りとなっております。

①イクボスセミナー(基本編)       
日時 10月19日(金)              
時間 10:00~12:00            
会場 ホルトホール大分 302・303会議室         
定員 100名          
             
②イクボスセミナー(実践編)
日  時 11月9日(金)
大分会場 ホルトホール大分201会議室
     10:00~12:00
別府会場 別府市男女共同参画センターあす・べっぷ研究室
     14:00~16:00
     ※各会場同一内容です。
定  員 各会場40名

※できるだけ両セミナーへご参加ください
この機会にかっこいいボスを目指してください。

<お申込みはこちら>

「女性活躍」に不可欠な存在。イクボス。
page top