SUPPORTママを支える企業、ママの役に立つサポート情報を
ご紹介します

2019.02.05

働く女性がキャリアデザインできる、
豊かなアイデアを次々とカタチに。

株式会社ザイナス

江藤稔明さん(株式会社ザイナス代表取締役社長)

「大分から世界へ-」を掲げ、さまざまなコンピュータシステムのコンサルティングから開発、運用、保守サポートまで一貫したサービスを届ける株式会社ザイナス。「人材(ザイ)を育成(ナ)す」の意味も込められた企業理念の通り、社員が子育てと仕事を両立する環境づくりに努めている。積極的な子育てサポートやワークライフバランスを推進する「くるみん認定企業」でもある同社の江藤稔明代表取締役社長に話を伺った。

やるべきことを明確化するタスク管理システム

─ザイナスの「働き方」で大切にしていることは何ですか?

IT業界の技術は日進月歩。常識にとらわれず最先端の開発技術を活かし、時代のニーズに合ったより良いものを届けることが私たちの使命。例えば工場のように毎日、同じ工程に取り組む仕事ではないので集中力がとても重要です。ザイナスでは仕事を細分化するために短い時間単位の仕事に切り分けていく「タスク管理」を導入しています。受注して納品まで1ヶ月を要する仕事があるとします。のんびり、ゆっくりと進めていると、後半が大変ですよね。かといって最初から詰め込みすぎると疲れてしまう。仕事もマラソンのペース配分と同じ。だからこそ、3日や1週間単位で仕事を細分化していくんです。そうすると、今の自分の進捗状況が見える。段取りを考えながらテンポ良く進めることができる。子育て中の女性社員はタスク管理が非常に上手だと感じますね。やるべきことを整理する、優先順位を決めることを家事や育児の中でたくさんしているのが、ビジネスのプロセスでも活かされているのではないでしょうか。

─オリジナルの「タスク管理」システムを導入しているそうですね。

そうです。目標を設定して、それに向かってプロジェクトの進捗管理ができるようになっています。分かりやすく言えば、社員一人ひとりの生産性が毎日確認できるしくみです。私たちは各自、細分化された仕事を平行して進めます。足並みが揃っていないと誰かに負担が偏ってしまう。進捗がバラバラで一人だけ遅れが出てくると全体の仕事に影響が出ます。そうならないために自社オリジナルのタスク管理に基づき、お互いがサポートできるようにしています。子育て中のママ、パパもいますが子どもが体調を崩したりして早退することになっても、社員同士で「大丈夫だよ、お互い様だから。」、「今はまだ乳児で大変な時期だから仕方ないよね」など思いやりを持てるチームになっていますね。タスクの受け渡しは、現場間でやるのが一番だと思います。社長からのトップダウンや総務からの押し付けではダメなんです。

株式会社ザイナス

働く女性の可能性を最大限に引き出すために

─家事や育児をしながら、女性が仕事でも活躍するために企業ができることは?

最近、”女性活躍社会”という言葉をよく耳にしますが、正直、女性たちは「そんなことをわざわざ言う必要があるの?」と思っているのではないでしょうか。”ダイバーシティ”も同じく、社会的弱者の中に女性も入っていることに少し疑問を感じます。家事や子育てをしながらパワフルに仕事もこなす女性社員はたくさんいますよ。これから大切にしなくてはいけないのは、彼女たちの可能性を限定しないこと。せっかく才能や情熱を持っていても、雑用ばかりでは自分の能力が全く生かされずに終わってしまいます。一般職、総合職といったカテゴリー分けもやめたほうがいいかもしれませんね。働いている女性が自己肯定をしながらキャリアデザインできるような制度を積極的につくるべきだと思っています。個々の事情に応じた短時間勤務制度を設けたり、子どもの年齢に関係なく、勤務日数や勤務時間を選択できるなど、すでに会社全体で取り組んでいることも増えてきていますよ。

株式会社ザイナス

子育てと仕事を両立できる豊かなアイデアを

─これからザイナスが取り組みたい制度はありますか?

今、実現したいのは「週休3日制度」。土日の2日とプラス1日のイメージです。その分、平日は少しだけ長めに仕事をするスタイル。クリエイティブのアドレナリンが出ているときには集中して取り組み、休むときはしっかり休むメリハリが毎日の暮らしに生まれるといいなと思います。もし、3日休みができると、ただ休息するだけでなく、資格取得やスキル磨きなど自分の能力アップにつながる時間を持つこともできるようになる。今、会社に必要な人は、数字に強い、営業に向いている、豊かなアイデアを持っているなどのエキスパート。特に何かと忙しい働くママたちにとって、自分と向き合う時間が生まれることは大切だと感じています。

株式会社ザイナス

─ザイナスは「くるみん認定企業」(積極的な子育てサポートやワークライフバランスの推進などの行動計画を定め、一定基準を満たした企業に対し認定される)ですね。

2018年に「くるみん認定企業」となりました。学校行事での有給休暇取得の奨励や退職した社員の再雇用、女性だけでなく男性の育児休暇も含め、男女を問わず子育てと仕事を両立する環境づくりに努めていきたいと考えています。企業によっては託児所をオフィス内に設けているところもありますが、もし私たちが創るなら、地域のおじいちゃんやおばあちゃんと交流できる場所にしたいですね。子どもの情操教育にも良いし、地域コミュニティの活性化にもつながります。働いている社員、一人ひとりが個性を活かしながら活躍できる、それが「人材(ザイ)を育成(ナ)す」ことにもつながると信じています。

株式会社ザイナス

株式会社ザイナス
http://www.zynas.co.jp/

こちらの記事もオススメです

page top